アーティストによるワークショップ「一時画伯」の活動・情報を発信しています。


by ichiji-gahaku

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
「一時画伯」とは
お知らせ
参加アーティスト
ワークショップ報告
ワークショップ作品
サポーター
画材支援募集
その他イベント
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

それはいつだってささやか..
from hiroto-town.com
「一時画伯」設立(お知ら..
from hiroto-town.com

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

一時画伯ウェブサイトOPEN!
at 2012-04-11 11:10
アートフェア東京2012一時..
at 2012-03-23 13:00
メールアドレスについてのお詫び
at 2012-03-13 11:32
アートフェア東京2012一時..
at 2012-03-08 09:00
南三陸での絆フェスティバル「..
at 2012-02-27 13:12

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「つむごう」REPORT《番外編 ~浜市番屋へ再び!》

12月3日は、多賀城小学校でのワークショップが終わると、
一時画伯一行は、東松島の浜市番屋へ。
浜市番屋の設計担当・岩城くん & 遠藤くん + ART STANDARD.まいちゃん
車で先導してもらって、3〜40分。
大雨のなか、浜市番屋へ到着しました!

実は、わたくし事務局長、前回の番屋でのWSは都合で帯同できず、
泣く泣く見送り組だったので、今回、はじめて浜市番屋を訪れることができたのです!
そして、いつもWSで活躍してくれるはなちゃんも、はじめて。

私たち2人は、7月末にアートフェア東京で「流 麻二果 + 本橋良介《虹の柱》」WSで、
東京の子供たちと一緒にこの番屋に設置する柱の壁紙をつくったので、
今回、番屋に行くのはとても楽しみにしておりました。



写真でみた番屋でのWSの時とは逆に、雨。
雨音だけが聞こえる静かな景色の中、番屋はこの日も力強く佇んでいました。
b0213784_1443795.jpg


番屋では、こちらの漁協の漁師・熊谷さんと待ち合わせ。
番屋のなかに入ると……
b0213784_14414246.jpg

大きなが!

熊谷さんがおっしゃるには「大きくつくりすぎちゃったんだよね…」というこの網。
なーんと、およそ1tonのお魚がとれるそうです!!
(もちろん、クレーンで引っ張り上げるそうですが)

網の使い方などもお聞きして、番屋につける看板や、別プロジェクトの相談。
b0213784_1444595.jpg

そんな様子をみていて、宮城大の2人と熊谷さんの絆の強さを痛感しました。
一時画伯が、宮城でいろいろなプロジェクトができるのは、
彼らの絆あってのことなのです!

そして東京の子供たちと、浜市の子供たちで彩った《虹の柱》は、
柱となって番屋とともに浜市で元気に共存していました。
b0213784_14473147.jpg



さて、熊谷さんにご挨拶 & 番屋見学 & 打ち合わせが終了すると、
一時画伯 + 宮城大チームは、夕飯TIME。
仙台駅近くに、一時画伯チームが仙台に行くと必ず向かうお店が一軒…。
宮城大の面々も、常連。
これが縁で、熊谷さんのお魚も食べられる「いな穂」にて!

そこで、さらにさらに親交を深めて、東京への新幹線に飛び乗ったのでした。

熊谷さん、大雨のなか、ありがとうございました!
そして、宮城大チーム、本当に最初から最後まで、ありがとうございました!!
また一緒にいろいろやりましょう☆


次回のWSは、まだ決まっていませんが、決まり次第こちらでお知らせ&ご報告致します!
12月2〜3日の一時画伯「つむごう」REPORTでした。


(ふ)
[PR]
by ichiji-gahaku | 2011-12-16 18:00 | ワークショップ報告

宮城県多賀城小学校でワークショップ「つむごう」全員分!

「つむごう」REPORT《番外編 〜浜市番屋へ再び!》の前に、今回の多賀城小WSで担当アーティスト・流 麻二果より、参加者全員分の「つむごう」が1つに組み合わさったものが届きました!

前回のブログでご報告した通り、10人分の作品がつむがれたものを10枚、小学校入り口正面・窓ガラスに展示させていただいております。
今回は100名の児童 + 校長先生が参加して下さったので、10枚の「つむごう」+校長先生の作品があるわけですが、それをさらにPC上でつむいだものが完成した、というわけです。

↓じゃ〜〜〜ん!↓
b0213784_10131213.jpg

1人の作品が10人と組み合わさって、10枚できて。
1人の時と全然違う見え方になり。
今度は10人の作品が10枚が組み合わさって100人分、さらにさらに違う見え方になって。
みんなの作品が相互に反応し合って新たなものが生まれました!
そして校長先生による校訓入りの作品でまとめて、【多賀城小・印】が入って、学校でのWSらしくなりました。
(blogだとわかりにくいのですが、拡大してみると、画面中央・一番下の段。校訓「かしこく やさしく さくましく」入りです)

ニュースでは、東北地方はすでに雪が降っているとか。
多賀城小のあたりでは、1年を通じてあまり雪は降らない地域だそうですが、
それでも厳しい寒さ。
WSでお邪魔した時のように、みんな元気に走り回っているといいな。
いや、走り回っているんだろうなぁ。

↓上記のつむぎ前=10人 x 10作品の拡大版はコチラです!↓

b0213784_10285936.jpg
b0213784_10285121.jpg
b0213784_10284253.jpg
b0213784_10283482.jpg
b0213784_1028252.jpg
b0213784_10281635.jpg
b0213784_10274086.jpg
b0213784_10273234.jpg
b0213784_10272184.jpg
b0213784_102768.jpg



★facebookページでも、引き続き、多賀城小学校WSでのいろんな写真がみられます!→コチラ
★今度こそ本当に「つむごう」REPORT《番外編 ~浜市番屋へ再び!》に続きます★


(ふ)
[PR]
by ichiji-gahaku | 2011-12-16 10:17 | ワークショップ作品

宮城県多賀城小学校でワークショップ「つむごう」REPORT《後編》

今回おこなった「つむごう」というワークショップは、画家・流 麻二果によるプログラム
「つむごう」は、一時画伯WS vol.01として、Tokyo Wonder Siteで開催したもの(その時のREPORTはコチラ)です。

まずは半透明に色や形が透ける素材のトレーシング・ペーパーに、
好きな色や形をおいてもらいます。
写生のような「うまく形を描く」要素は一切ないので、
《お絵かき》というよりは《絵の具と遊ぶ》感覚


それを、今回は10人分集めて、トレーシングペーパーを縦糸・横糸と考えて縦・横5人分ずつを
編み込み、つむいでいくと、お友達の作品と自分の作品とが重なって、新しい色や形が生まれてくる…!というもの。
窓にはると、さらにさらに透けて、太陽の光の強さや角度によっても新たな表現があらわれます。

===

前日に関学の学生さん・PTAの方達と一緒に会場の養生シートセッティングは終了していたので、
WS当日は細々とした備品セッティングと、「色コーナー」「段ボールスタンプコーナー」の設置から。
設置の間に、絆プロジェクトから小島さん(関学の学生さん)と、担当アーティスト・流が「冬のふれあい事業」開会式で子供たちにご挨拶。
体育館で、絆プロジェクトの企画「世界のあそび」(※カバディなど何種類も!)をやっているあいだ、1年~6年生・特殊学級の子供たちが3つのグループに分かれて多目的室で「つむごう」に参加してもらいました。

↓開会式の様子
b0213784_1915437.jpg

「段ボールスタンプコーナー」には、トレペに絵の具でぺたんっっとするスタンプを使いたい参加者が集まり、欲しい形が決まったらスタッフが段ボールをカットしてスタンプ制作。
「色コーナー」では、各参加者が好きな色を2選び、色絵の具担当のスタッフに指示してもらいます。
気に入った色ができたら、ローラーやハケ、絵筆、そして段ボールスタンプをもって、絵の具遊びSTART!!

↓段ボールコーナー&色コーナー
b0213784_19175470.jpg

男の子に人気の色は、(個人的には)シルバーとブルー。女の子はやっぱりピンク♪
横長の紙に、思いっきりローラーを転がす児童もいれば、
細かく細かく円を描いたり、スタンプをリズミカルにおしていく児童も…
100人いれば、作品も100通り!
色とりどりの「つむごう」のピースがどんどんできていきます。
b0213784_19184761.jpg

b0213784_19192939.jpg

b0213784_1920730.jpg


トレペという素材は、ちょっと水分をためやすいので、つむぐ前に、
PTAの方々や先生たちにも協力していただき、《乾燥隊》結成!
b0213784_19213787.jpg

乾いた作品ひとつひとつを、WS担当アーティスト・流 が色や形のバランスを考えてつむいでいきます。
宮城大のART STANDARD. 遠藤くんも《つむぎ隊》…!
一時画伯の癒し担当はなちゃんも、もくもくとつむぎます…。
b0213784_19225394.jpg
 
あっという間に3グループのWSが終わると、体育館では《お餅つき》の時間になっていました。
私たちは、つむぎながら・片付けながら、お餅をいただきました。
おいしいいいいい!
b0213784_19234188.jpg

そして、いよいよ完成!!
つむぎ終わった作品が、閉会式には間に合わず、体育館でまだまだ元気に遊んでいた子供たちに、
自分の作品がどこにあるのか探してもらいながら、直接披露。
その後、学校に入った正面(靴箱の目の前・中庭の前)の窓ガラスに展示させていただきました!
何日か展示していただけるようです!

↓体育館で披露中
b0213784_19262059.jpg

↓玄関に展示!
b0213784_19271758.jpg

少しずつ始まった感のある、東北の厳しい冬のなか、
子供たちの元気な姿、それを支えるPTA・教職員の方々とふれあい、元気をいただきました。
この学校は、PTAと学校がしっかりと連携をとっていて、
子供たちへの愛情にあふれているなぁ、どの学校もこんな大人たちに囲まれていたらいいなぁ、と思いました。

↓関学・宮城大・一時画伯のメンバーで最後にパチリ☆
b0213784_19283312.jpg

PTA・教職員の皆さん、絆プロジェクトの皆さん、宮城大学の皆さん、準備~本番~片付けまで、本当にありがとうございました!
PTAの皆さんと絆プロジェクトの皆さんが、事前にしっかりとしたオペレーションを組んで
下さっていたので、短い準備期間の中、我々一時画伯のやりたいWSを無事に行うことができました。

素敵な企画にお声がけいただき、どうもありがとうございました!!!
「つむごう」に関わってくださった全ての皆さまに、この場をかりて、お礼申し上げます。



そして、流 麻二果が、今回できた10枚の作品を、さらにパソコン上でつむぎます!
完成次第、こちらで発表致しますのでお楽しみに☆
●今回のWSの写真は、さらにfacebookでも公開中!➡コチラ


(「つむごう」REPORT《番外編 〜浜市番屋へ再び!》に、さらにさらに続きます)

(ふ)
[PR]
by ichiji-gahaku | 2011-12-09 20:04 | ワークショップ報告

宮城県多賀城小学校でワークショップ「つむごう」REPORT《前編》

先週末の12月3日(土)、一時画伯のワークショップ「つむごう」(※Tokyo Wonder Siteで開催した「つむごう」はこちら)を宮城県多賀城市立多賀城小学校で開催しました!

↓会場となった小学校の多目的室。広くてキレイで使いやすい!
b0213784_13572918.jpg


一時画伯・発起人である画家・流 麻二果は、以前トルコ大地震に際に現地で復興支援ワークショップや展覧会を開催しており、今回の多賀城WSは、そのトルコ大地震復興支援プロジェクトを主催していた国際協力アカデミーAICAT(代表理事・関西学院大学の關谷先生)とのつながりで、お話をいただきました。

多賀城小学校のPTA主催、毎年行われる《お餅つき》などの「冬のふれあい事業」に、AICATが関西学院大学の学生を中心として活動している東日本大震災復興支援プロジェクト「Heart on Coin "絆"プロジェクト」が、学校や地域の方々に元気になっていただけるようなイベントを行うとのこと。そこに私達も一時画伯としてワークショップを開催させていただいたわけです!

一時画伯・流(発起人) & 舟越(事務局長)は、先発隊で前日に宮城入り。
仙台駅から車で30分ほどで多賀城小学校に到着、まずは関西学院大学の方々と校長先生、PTAの方にご挨拶。
こちらの小学校は、幸いにも校舎は被災しておらず、また児童も全員無事だったけれども、ご家族やご親戚が犠牲となった児童たちもいるそうです。
そういった背景がなくても、子供たちの心にあの震災は間違いなく深い爪痕を残していて、我々が宮城に到着する時間の少し前にも震度3くらいの地震があったのですが、それはそれはすばやく机の下にもぐり身を守っていたそうです。
校長先生は、「今年はテストの点が悪くてもいい。心の勉強をしてくれればいい」とおっしゃっていて、絆プロジェクト・一時画伯の企画を快く受け入れて下さいました。
b0213784_13583469.jpg

一時画伯メンバー、個人個人では東北入りしていたのですが、一時画伯としてWSを催すのは9月以来で少し時間があいてしまったこと、さらに、一時画伯発足以来の初の100名を超える子供たちが参加してくれるということで、期待と不安が入り交じっての準備段階でしたが、校長先生とPTAの方のお話、寒い中校庭で元気よく遊んでいる子供達の姿、関学の学生さんのしっかりとした準備を目の当たりにして、俄然ファイトがわいてきた私たち。

そこにさらに、強力なメンバーが加わることに…!!

私たちが9月にWSをした東松島・浜市番屋の設計担当/宮城大学の岩城くん & WSを一緒におこなった宮城大学のARTサークル・ART STANDART.から、こちらも番屋プロジェクトをやっている遠藤くんと、サークルメンバーの女の子、マイちゃんも一緒に小学校に来てくれることになったのです。

そして当日朝には、一時画伯・田中(委員長)と、いつも一時画伯WSで大活躍してくれるデザイナー・ハナちゃんも合流。
さぁ、いよいよWS開始です…!

(後編へ続く)
b0213784_13561961.jpg

(ふ)
[PR]
by ichiji-gahaku | 2011-12-08 14:04 | ワークショップ報告